スキンケアECプラス

  • HOME
  • スキンケアECプラス

【ダックスの皮膚病治療】初診時にここまで診極める

2017.02.05

ダックスフンドのアトピー・アレルギー性皮膚炎、湿疹や脱毛疾患の治療に力を入れている動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

今日は、以前紹介したことのあるミニチュア・ダックスフンドの慢性皮膚疾患のその後の経過を紹介します。

 以前の記事 ⇒ 【ダックスの皮膚病治療】治療の差は?隠された問題は? 

上記の記事では、初診時からわずか2週間で皮膚炎・痒みといった問題点が改善されたところまで紹介しました。

ただ同時に「隠された問題点」があり、別次元でもっとよくなることをお伝えしました。

初診時から2週間で実施しなかったアプローチを3週目から行い、予測どおりの改善を導き出すことができましたので、改めて紹介します。

新しいアプローチから約2ヵ月半後、初診時から3ヵ月後の状態をみてみましょう。

左側にある比較写真は初診時ではなく、初診時からよくなった2週間後の状態との比較です。
※1枚だけ初診時との比較になっています。

※画像をクリックすると大きくみることができます。

まずは頚部から。

つづいて、胸部です。

続いて、腹部。

続いて、右前腕、そして左前腕です。

続いて、後肢です。

※この後肢のみ、初診時との比較です。

続いて、左耳、そして右耳です。

非常に毛並みが綺麗になりましたね!

それでは振り返って、「初診時に何を診極める必要があったのか?」・・・

1つ目は、何より重症なのは主症状でもある「痒み」の改善、すなわち表面上の皮膚炎のコントロールです。

フケ・皮脂、湿疹、炎症、皮膚の肥厚などの改善が急務です。

これらの症状を最短で改善するには何を行えばいいのか?、検査結果のいかんにかかわらず初診時に把握しておかなければいけません。

2つ目は「皮膚炎以外に何が隠れているのか?」です。

ただ、この「皮膚炎以外の隠された疾患」ですが、この疾患への治療なく2週間の治療結果はでたのですから、結果としても「基礎疾患へのアプローチはなくとも改善は可能」ということになります。

それでもこの基礎疾患があったがためにここまで重症化したのも事実のため、初期の治療で症状が緩和でき次第、次の治療にシフトしていくのがベストでしょう。

初診時にこの隠された疾患を診極めつつ、あとから追加しても十分に改善するという診通しをたてておくのも重要なポイントだったと思います。

今回の症例でも初診時、再診時に院内で薬浴を行いました。

スキンケア、体質管理のサプリメントも重要なケアと考えています。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop