皮膚科ブログ

  • HOME
  • 皮膚科ブログ

犬の皮膚病に新しいスキンケア【オイルジェル】

2018.06.28

犬の皮膚病治療に必要なスキンケアに力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


以前から案内しているジェルですが、明日(6月29日)に納品されます。

今日はサンプルとして先に届いた完成品の紹介です。



最初の構想から今のスキンケア商品が完成した3年前からはじまり、いろいろ試した結果の完成品なので感慨深いものがあります。

本来であれば使い方動画が完成していればいいのですが、まだ作成準備中のためお渡しは直接説明できる院内処方のみの予定です。

オンラインショップでの掲載はサイト自体のリリューアル後を予定しており、7月中に間に合えば・・・という状況です。

今から商品の撮影の手配、動画制作のチェックなど山ほどあります。


簡単な説明を書いておきます。

使うタイミングは2つです。

1つはシャンプー直後(タオルドライ後&風乾前)です。

短毛のわんちゃんであれば毛を逆立てるようにして、毛が長いわんちゃんであれば毛をかき分けて地肌に塗り込むように、身体全体的になじませてご使用ください。

オイル基材ですがべたついたりはなく風、乾でサラサラになります。

長毛であれば風乾が必要なので、シャンプーのときの使用に限った方がいいです。

毛が少ない部位や、風乾ができるようであれば日常的な使用でも可かもしれません。


2つ目は、日常のスキンケア(シャンプーしないとき)です。

目的はいくつかあるのですが、

①クレンジング目的

特に脂漏症、シーズーやフレンチなどで皮膚がべたべた・ゴワゴワになるタイプです。

皮脂を落とすためにはオイル&シャンプーが最もいいのですが、シャンプーするだけの時間が確保できないときや、脂漏が強いときのデイリーケアとして皮脂をふやかして落とすのに向いています。

洗い流す必要はなく、局所使用で5~10分つけおきして皮脂が柔らかくなったらふき取るだけでOKです。

ふき取った後に薄めに塗布しておけば皮膚保護作用で改善に役立ちます。

毛が長いとぬぐい取るのが大変なので、あらかじめ毛をバリカンで短くカットしておくことをお勧めします。


②皮膚バリア修復

成分としては抗炎症、皮膚バリア修復を目的としてつくっているため、脂漏性皮膚炎が重度な部位のデイリーケアに向いています。

オイル&シャンプーで皮脂をしっかり落とした後の毎日のケアに使ってください。

毛が短いわんちゃんのフケ症なのにもデイリーケアとして使えます。

散歩の前に塗布して、ある程度自然乾燥でも十分サラサラになるでしょう。



オンラインショップでの掲載はまだ先なのですが、ご要望の方は商品注文時の備考の欄にその旨をお書きください。

詳細な説明文書など未完成ですが、個別に対応します。

価格は240gで3500円です。







投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop