院長ブログ

  • HOME
  • 院長ブログ

アポキル&アミノ酸系食事療法で改善しない②

2018.05.21

アポキルが効かない、食事療法で改善しないといった痒い皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

今回の症例は2ヶ月ほどまえに一度紹介したわんちゃんの続きです。

前回の記事は、

 平成30年3月16日のブログ記事  アポキル&アミノ酸系食事療法で改善しない 【四国から愛知までの通院】

初診時の治療方針で2週間後の2回目の診察時には改善していたという内容でした。

今回は「初診→2回目→3回目→今回」という状況です。

それでは初診時から約2ヵ月後の状態と比較してみましょう。
















続いて、右前腕とその拡大です。







続いて、左前腕とその拡大です。






非常に綺麗になりましたね。

全身の痒みの大半が著しく改善しました。

背中以外の、目周囲・口唇~下顎、頚部、胸、腕、内股、わきのフケ・皮脂(ベタベタ・ゴワゴワ・ザラザワ)が綺麗になりました。

ゼロではないのですが、見た目の改善度は90%です。


今回の症例は当院受診時にすでにアポキルを服用していた状態で痒い&皮膚炎&フケでしたので、大事なのは「アポキル以外の治療プラン」です。

よくアポキルを飲んでいるのに・・・と聞くのですが、アポキルが効いたり・効かなかったり・・・というようなことはないと思っています。

そして続けることによって効きにくくなるということもないと考えています。

アポキルが効くメカニズムは常に一定なので、効果がない?というときはアポキルが作用する部分以外の治療を組み立て直す必要があります。

そこでアポキルをやめるのか、継続するのかはそのときの判断ですが、今回は「アポキルが効くべき異常所見はある。効果があるため継続処方」としました。

今回は「アポキルは効く、ただしアポキル以外の治療が適切に限る」というような症例でした。


今回の症例もいつも通りですが、初診時に行った検査結果が出揃う前に組み立てた初診時の治療方針だけで、わずかな軌道修正もなく改善ができています。



当院では獣医師向けにこういった診極めのためのセミナーを開催しています。

希望の方は当院までお問い合わせください。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop