院長ブログ

  • HOME
  • 院長ブログ

アポキル&アミノ酸系療法食で改善しない【四国から愛知へ通院】

2018.03.16

犬の痒い皮膚病治療における食事療法に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


当院には愛知県内全域だけでなく、隣の岐阜県・三重県・静岡県からの来院もよくあります。

ここ数年は関東・関西圏からの受診も珍しくなく、特に東京・神奈川からの受診は年々増えていっています。

北海道は往診依頼があったのでカルテもありますし、以前は宮崎県からフェリーにのっての受診もありました。

そして今回はついに、四国から橋を渡って受診がありました。

  ※平成30年5月21日追記 この症例のさらに2ヵ月後

   アポキル&アミノ酸系療法食で改善しない②


【症例】

 プロットハウンド 2歳半 女の子

【経過】

 〇1才になる前からの皮膚病

 〇背中の湿疹&脱毛(全体的)

 〇この1年ずっとアポキルを服用している

 〇わき、お腹、目の上、耳、目、口唇、背中など身体全体が痒い

 〇アポキルを服用していても痒みが強く、やめるともっと痒くなる

 〇アミノ酸系の食事療法を継続している

 〇2週間に1回マラセブシャンプー


それでは初診時の状態をみてみましょう。




























写真はありませんが、背中にも円形の膿皮症である湿疹&虫食い脱毛が認められました。

この初診時から14日後の状態とひかくしてみましょう。
























痒みが劇的に減少し、この1年で最も良い状態になったということです。

具体的には元々の痒みを10とすると、2週間で3まで改善しています。

内服薬の処方としてはアポキルのみで、今までとまったく変わらない処方です。



背中の膿皮症に関しては本来抗生物質を処方するのが定法なのですが、「あること」を考えて抗生物質をあえて処方せずに2週間すごしてもらいました。

背中の膿皮症に対して考えた「あること」とは、

①耐性菌による膿皮症の可能性を強く疑うため、処方の前に細菌培養&感受性試験を行い、感受性(効果)のある抗生物質を調べてから処方

②この症例の体質であれば、今のアミノ酸系療法食は体質に合っておらず、背中の膿皮症は別の食事療法とスキンケアECプラスとMedicareクレンジングオイル&シャンプーの4点セットで良くなるはず

の2点です。

初診時から2週間の治療の中で、内服薬の処方としてはアポキルの継続服用のみとしたのですが、アポキル以外にお渡ししたのは


〇スキンケアECプラス1回1包 1日2回服用

〇Medicareクレンジングオイル&シャンプー 週1~2回

〇病院推奨の食事療法  ※アミノ酸系療法食は即刻中止

でした。


この初診時の指示&処方により、背中の膿皮症は抗生物質を服用することなく、ほぼ完全に消失しました。

実際に2回目の診察時(初診から14日後)には、細菌培養&感受性試験の結果がでて「効果がでる抗生物質」が特定できたのですが、服用しなくてもいい状態になっていたため、結局処方はしていません。

食事管理を間違わず、このまま膿皮症のために開発したサプリメントであるスキンケアECプラスがあれば、今後も膿皮症がでることはほぼないでしょう。



ここで大事なポイントは、1年間にわたって出続けていた背中の膿皮症の原因がどこにあって、どうすれば根本的(抗生物質を使わず)に改善するかを初診時に確定できたことですね。

すわなち、アミノ酸系療法食がこのわんちゃんの体質に合っていないという判断ができたこと、体質に合う食事療法の指示ができたこと、そしてスキンケアECプラスが膿皮症に効くと判定できたことです。



続いて目のまわり、口唇~下顎、うで&わき、腹部などの皮膚炎も十分に改善しています。

もうここから悪くなることはないと思います。


参考までに今回の診断はアトピー&膿皮症です。

食物アレルギーは稀なため現在は特別食事制限を考えておらず、今後はいろいろ食べていいという方向性になっています。

このわんちゃんの膿皮症は、スキンケア&サプリメント&食事療法だけで改善するものです。

アトピーもある程度改善が期待できるとは思うのですが、投薬治療があった方が絶対的にいいと思います。

当院で推奨しているスキンケア&サプリメントは専用オンラインショップでお買い求めいただけます。





当院における膿皮症の治療成績がよい理由は「いいお薬」を使うからではなく、膿皮症ができる原因(体質)を高い精度で、かつ初診時に特定することができるためです。

今の皮膚科医療には、膿皮症を治すための抗菌薬(抗生物質や殺菌系消毒薬)はあるのですが、「膿皮症が再発する理由」を特定できる検査はありません。

しかし問診&視診である条件を満たす症例であれば、どうすればできなくなるかが大体わかるようになります。

今回はそんな典型的な症例でした。


  平成30年5月21日 追記 この症例のその後 

   アポキルアミノ酸系療法食で改善しない②

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop