膿皮症・湿疹

  • HOME
  • 膿皮症・湿疹

【フレンチブルドッグの皮膚科専門外来】湿疹と痒みが抑えられない!

2016.11.09

こんにちは、四季の森どうぶつクリニックの平川です。

今日は風が強く、秋の深まりというより冬でしたね。

先日開催した東京の皮膚科診療でも色々と報告したことがあるのですが、まずはこの夏の症例をまとめていこうと思います。

【症例】

 フレンチブルドッグ

長期にわかって湿疹と痒みで悩まされてきたわんちゃんです。

まずは初診の状態をみてみましょう。

頚部からです。

身体の側面です。


身体の右半身を斜め後ろからみることで、湿疹がわかりやすいです。

右腕の内側~脇のです。

右前肢の外側~右肩です。

治療後と比較してみましょう。

※画像をクリックすると大きくすることができます。

側面です。

右腕~脇です。

左腕~脇です。

非常に綺麗に改善しました。

肝心な痒みも随分と抑えられています。

このタイプであれはサプリメントが非常に有効で、スキンケアと組み合わせることで随分と改善できるのではと考えています、

短期間で治療するには投薬治療を併用していいと思いますが、大事なことは治療だけではなく「なぜ皮膚病になったのか?治りにくいのか?なぜ再発するのか?」まで考えてアルプローチすることだと思います。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop