アポキルが効かない

  • HOME
  • アポキルが効かない

【皮膚科専門診療】アポキルを減らしたい

2018.01.04

アトピー・アレルギー疾患などの痒みを伴う皮膚病治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

昨年の症例報告のほとんどが「アポキルが効かない」でしたが、それはしばらくずっと続くと思います。

アポキルそのものは非常にいいお薬で、当院でもよく処方するのですが、効かない?と感じる場合は2つの原因を考えるようにしています。

1つは「そもそもアポキルが効かない別の疾患」という場合です。

特に感染症ではアポキルはほとんど効かないと考えています。

2つ目は「アポキルが効く痒み以外の痒みが残っている」です。

要するに「痒み」と一言にいっても、原因はさまざまあり、アポキルがどんな痒みにも効くかというとそうではありません。

アポキルにも抑えやすい痒みと、抑えにくい痒みがあるため、そこを診極めなければ難しくなる症例もいます。

アポキルが効く痒み以外の痒みが残っているわんちゃんには、その原因に合わせた追加治療が必要になります。

今回はそんなアポキルが効くかゆみ以外の痒みに追加治療を行ってアポキルを減らすことができた症例報告です。

【症例】

 フレンチブルドッグ  女の子(避妊済)  2歳9ヵ月

【経過】

 〇アポキル1日1回投与により随分と改善した状態が続いていたが、手足の先を舐めることがだけが続いていた

 〇アポキルの服用が1日1回のまま約1年となり、減らすと症状が悪化するため減量が中々できなかった

この時点で初診時よりはるかに改善したいたが、今後のさらなる治療成績のため、新しい追加治療を提案しました。

今回は治療前の写真がみつからなかったため、治療後の写真のみ掲載します。

症状は手足の先(指の間と足裏)を舐めることでしたが、随分と改善しました。

最初1日1回をずっと継続していたアポキルですが、新しい治療を組み込んだことで徐々に減らすことができ、現在は週2~3回投与でコントロールができています。

追加治療の1つは当院のヒーリングケアLFプラス、

このサプリメントを併用しています。

もちろん投薬治療の追加も行ったため、純粋にサプリメントだけでアポキルが減ったわけではないのですが、大事なことは複数併用することで1つのお薬に頼らなくてもよくなり、治療成績が向上するということです。

当院のスキンケア商品・サプリメントは以下のオンラインショップでお買い求めいただけます。

適切な医療の元、ご使用ください。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop