アトピー・アレルギー

  • HOME
  • アトピー・アレルギー

【犬の皮膚科専門外来】ミニチュア・ダックスの脱ステロイド

2013.11.24

こんにちは、四季の森どうぶつクリニック獣医師平川です。

難治性皮膚疾患といえば柴犬、シーズー、フレンチ・ブルドッグ・・・ですが、どの犬種でも治りにくくなることはあります。

今回は医原性に難治性になってしまった症例を紹介します。

【症例】 

   2歳 ミニチュア・ダックスフンド 女の子

【病歴】

  〇1年半前から痒みとフケ
  〇当初は外用薬のみで改善なく、1年前から内服併用
  〇今年の春からさらに悪化

では、初診時の状態を診てみましょう。
   

別の角度から。


※クリックすると拡大します。

続いて、背中。


※クリックすると拡大します。

続いて、右側面から。


※クリックすると拡大します。

全身の痒みとともに、全身の脱毛が認められました。

では、治療3カ月後と比較してみましょう。

まずは顔から。


※クリックすると拡大します。

続いて、背中です。


※クリックすると拡大します。

最後に、右側面から。


※クリックすると拡大します。

ほぼ綺麗になりました。

今回のポイントはタイトルにも記載しましたが、「脱ステロイド」です。

個人的には「ステロイドを使いこなしてこそ皮膚科診療」というスタンスですので、一言に「脱ステロイド」と記載し、まるでステロイドが悪い薬かのような伝え方にはしたくないと考えています。

但し、ステロイドは使い方次第ですので、時に医原性(獣医師が行う医療行為が原因)の病気をつくることもあります。

今回のミニチュア・ダックスフンドの皮膚病は、まさにこの医原性のステロイドによる副作用と診断しました。

内服薬、外用薬ともにステロイドが含まれていたために初診時のような皮膚病変が形成されました。

今回のポイントとして挙げた「ステロイドを使わないこと」ですが、実は簡単ではありません。

長期間ステロイドで皮膚の痒みを抑えてきたことで、ステロイドを中止すると非常に大きな痒みを感じるようになります。

これは絶対に避けきれないことですが、それでもステロイドを使わないことが治療に最も重要なため、耐えるしかありません。

今回の治療も、最初の1カ月間は今までにない傷をつくるような痒みが認められましたが、写真のようにあとは綺麗に改善していきました。

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop