スキンケアが有効な症例

  • HOME
  • スキンケアが有効な症例

【シーズーの皮膚科専門外来】マラセチア性皮膚炎

2014.10.04

☆シーズーの難治性皮膚疾患の治療症例報告☆

こんにちは、四季の森どうぶつクリニック院長平川です。

麻衣子先生がブログで「継続は力なり」と力説しているすぐ隣でさぼっていた院長です・・・反省してます。

「よし!本腰入れてがんばるぞっ!」と熱心だったのも一瞬で、数例まとめたらまた力尽きてしまいました。

最近は社二病がぶりかえしており、妄想にふけっていることが多くなっていました。

現実にしっかり目を向けて、久しぶりの症例報告です。

【症例】

 シーズー 男の子 6歳

【経過】

 〇3才のころから内股、顔の痒みあり
 〇季節性(夏>冬)もあるが、冬が治るわけではなくほぼ1年通して痒みがある
 〇2件の動物病院受診するも改善なし

それでは初診時の状態を見てみましょう。

※それぞれ画像をクリックすると大きくすることができます。

ここから4週間後(2回の院内薬浴後)をみてみましょう。

 訂正:2週間後(1回の薬浴後)です。

※画像をクリックすると大きくすることができます。

1回の薬浴後2週間後の再診でしたが、この時点でほぼ綺麗になっていました。

口唇~下顎が非常に重度で、慢性化していたためまだ被毛の再生がみとめられませんが、痒みはほぼありません。

なによりたった2回の薬浴と4週間では劇的な改善と評価できると思います。

  訂正:1回の薬浴後の2週間後としては

診断名はシーズーのアトピー性皮膚炎&脂漏を伴うマラセチア性皮膚炎です。

シーズーの場合はこれが典型的のため、治療は非常に簡単で院内薬浴(スキンケア)がメインとなります。

「シャンプーすればいい」ではなく、スキンケアです。

追記:後日4週間後の状態も掲載します。

四季の森どうぶつクリニック
獣医師  平川将人

 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop