アポキルが効かない

  • HOME
  • アポキルが効かない

【シーズーの皮膚病治療】アポキルが効かない

2017.12.04

シーズーのアトピー・アレルギー、マラセチア性脂漏性皮膚炎の治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。

12月に入り、病院も随分と落ち着いてきました。

この余裕のある時期を利用して症例報告、執筆などいろいろやっていこうと思います。

【症例】

 シーズー  7歳4ヶ月  女の子(避妊済)

【経過】

 〇2歳頃から痒み

 〇季節性があり、夏が最も悪化する

 〇アポキルを1日1回ないし2回服用しているがよくならない

それでは初診時の状態、毛をカットしました。

続いて、頸部とその拡大です。

続いて、右前肢

続いて左前肢。

続いて、胸部。

続いて、左脇の拡大。

続いて、内股。

続いて、膝周囲(右と左)。

初診時から6週間後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。

痒みは元々の10分の1までへりました。

赤み、フケ、臭いほぼありません。

参考までにアポキルは当院でも処方したので、アポキルが効かないわけではありません。

治療に必要なのはアポキルだけではない、がより適切な答えですね。

不足していた治療は大きく3つです。

まずは当院のヒーリングケアLFプラス、そしてスキンケア、残りは・・・院内薬浴です。

薬用=スキンケアではないのもポイントの一つです。

あくまで投薬治療が必要なタイプではありますが、投薬治療に足りない分は当院のスキンケア&サプリメントが非常に相性がいいと思います。

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop