脱毛症・アロペシアX

  • HOME
  • 脱毛症・アロペシアX

毛周期停止(アロペシアX)

毛周期停止(アロペシアX)

ポメラニアン・トイプードルに特有に認められる進行性の脱毛症です。血液検査での確定診断が難しく、短期間で改善する特効薬がないことから難治性脱毛症の筆頭として知られています。

  • 特徴
  • 診療の注意点
特徴
  • 体幹部(背中・頚部・胸部・大腿部)に発症
  • 頭部と四肢端には進行しにくい
  • 一般的に体調不良は伴わない
診療の注意点
  • 甲状腺機能低下症と間違われやすい
  • 不妊手術やトリミング(カット)が原因ではない
  • 血液検査では診断できない
診療の注意点
診療の注意点
  • 甲状腺機能低下症と間違われやすい
  • 不妊手術やトリミング(カット)が原因ではない
  • 血液検査では診断できない

脱毛、薄毛を見分けるポイント

脱毛、薄毛を見分けるポイント

自分が飼っている犬種の正常な毛並みを知っておくことが一番のポイントです。
飼い主さまの立場からすれば、「この状態が普通」だと思うかもしれません。しかし、当院では見た瞬間に「毛並みが異常だ」とわかることが往々にしてあります。

脱毛・薄毛になっているワンちゃんでも、皮膚トラブルに困っていなければ良いのですが、もしかゆみや湿疹といった皮膚トラブルが出ていて、なかなか治らない場合は、治療が必要と考えられます。

検査方法

最初に目で見て、ある程度診断をつけた後、血液検査・画像診断などオーソドックスな検査で症状の評価をしつつ、部分的に皮膚の組織検査を実施しすることで診断を確定させます。

治療方法

投薬治療がメインとなります。
ホルモンバランスの異常については、安全性の高い治療方法が確立されているので、「何かおかしい」と思ったらすみやかに獣医による診察を受け、投薬治療を開始されることをおすすめします。

犬種別脱毛

チワワの脱毛疾患

  • チワワの脱毛疾患1
  • チワワの脱毛疾患2
特徴
  • 発症・進行は1~2歳
  • 痒み疾患・脂漏の原因になる
  • 頚部、胴体、飾り毛の減少

ミニチュアピンシャーの脱毛疾患

  • ミニチュアピンシャーの脱毛疾患1
  • ミニチュアピンシャーの脱毛疾患2
特徴
  • 発症は1~2歳
  • 痒み疾患・フケ症の原因になる
  • 部、胸部、腹部に発症

柴犬の脱毛疾患

  • 柴犬の脱毛疾患1
  • 柴犬の脱毛疾患2
特徴
  • 一般的に1~2歳で発症するが、稀に中年齢での発症も
  • 痒み疾患、脂漏症の原因になる
  • 頭部、四肢端以外のすべてに発症
  • 季節によって自然回復する場合もある

ダックスの脱毛疾患の毛並み異常

  • ダックスの脱毛疾患の毛並み異常1
  • ダックスの脱毛疾患の毛並み異常2
特徴
  • 一般的に1~2歳で発症
  • 痒み、脂漏症の原因になる
  • 耳、頚部、胸部、腹部などに発症
血液検査 甲状腺ホルモン濃度測定
副腎ホルモン濃度測定(ACTH刺激試験 LDDS検査など)
性ホルモン濃度測定
超音波画像診断 甲状腺組織
副腎組織
卵巣組織
病理検査 皮膚組織学的検査
尿検査 副腎ホルモン濃度測定(尿コルチゾール尿クレアチニン比測定)

主な検査

血液検査 甲状腺ホルモン濃度測定
副腎ホルモン濃度測定(ACTH刺激試験 LDDS検査検査など)
性ホルモン濃度測定
超音波画像診断 甲状腺組織
副腎組織
卵巣組織
病理検査 皮膚組織学検査
尿検査 副腎ホルモン濃度測定(尿コルチゾール尿クレアニチン比測定)

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop