アポキルが効かない皮膚病

  • HOME
  • アポキルが効かない皮膚病

心因性掻痒症

心因性掻痒症

心因性とは生まれ持った「性格」に影響することが多く、手足を舐めたり、身体を掻いたりする「痒み」に似た症状を示します。原因としては暇つぶし、不安・不満に対するリアクション、些細なことが気になるメンタル(精神的)要因で起きる行動学的な異常の一つで、実際の痒みとは。痒い皮膚病のアトピー性皮膚炎の発症部位と症状の両方が重なるため、アトピー・アレルギーと間違われて効果のない食事量療法やアレルギー治療で難治性になりやすい疾患です。アトピーと心因性が併発していることが多く、アトピー部分にアポキルが効果を示すため心因性が診落とされる原因にもなっています。

急な掻き壊し

皮膚炎や痒みがない状態から急に掻く動作が起こり、傷をつくったりしてしまうタイプです。部位は顔・耳・首・肩・胴体などさまざまですが、毎回起きる部位が固定化されやすい傾向があります。その他の部位が問題なく、毎回同じ部いで突発的に傷ができるまで掻く・噛む場合は心因性を疑います。

繰り返す舐め行動

手先・足先や内股を舐め続ける場合、アトピーと心因性を疑います。アトピーと心因性は症状(舐める)と発症部位が似ているため区別が難しいのですが、病変部の分布や毛並みや治療効果で十分に診断することができます。

  • 繰り返す舐め行動1
  • 繰り返す舐め行動2
執着・局所の発症
執着・局所の発症

特定の部位だけをかじったり、一度症状がでると声をかけても止まらないなどの症状の場合も心因性を強く疑います。痒みがあることへのイライラから起きる心因性のこともあれば、膀胱炎・神経痛・術後の痛みから起きる心因性もあるため、身体全体の皮膚炎の分布や症状の強さや犬の性格などから総合的に診断します。

繰り返す舐め行動

手先・足先や内股を舐め続ける場合、アトピーと心因性を疑います。アトピーと心因性は症状(舐める)と発症部位が似ているため区別が難しいのですが、病変部の分布や毛並みや治療効果で十分に診断することができます。

  • 繰り返す舐め行動1
  • 繰り返す舐め行動2
執着・局所の発症
執着・局所の発症

特定の部位だけをかじったり、一度症状がでると声をかけても止まらないなどの症状の場合も心因性を強く疑います。痒みがあることへのイライラから起きる心因性のこともあれば、膀胱炎・神経痛・術後の痛みから起きる心因性もあるため、身体全体の皮膚炎の分布や症状の強さや犬の性格などから総合的に診断します。

アトピー

1~3歳の頃に、目・耳・口・手足・うで・わき・内股がかゆくなり、掻く・なめる・かむといった行動が見られる。最初の頃は季節性があるが、重症化すると季節性がなくなる。

ホルモン異常

毛並み・毛質の異常(下毛がない、毛がかたくなる、地肌がみえる、毛の密度が減る)、飾り毛がない・短いなどの症状が見られる。

脂漏症

脂っぽい、フケが多い、においが強い、洗ってもすぐフケやにおいが戻ってくる、べたつくなどの症状が見られる。

治療方法

治療方法

今まで、「遺伝だから仕方ない」とあきらめてきた飼い主さまはたくさんいらっしゃると思います。

しかし、当院では
「遺伝だからこそ典型的な治療方法を目の前にいる子に実践することができる」
「遺伝だからこそ良くなる可能性が非常に高い」
と言えると考えております。

皮膚病の遺伝性疾患には、アプローチ方法がたくさんあります。
犬は犬種ごとにそれぞれ特有の体質を持っているので、当院ではその子その子の体質に合わせたアプローチをしていきます。

食物有害反応

食物有害反応とは、「食生活によって起きる皮膚トラブル」の総称で、食物アレルギーによる皮膚トラブルとアレルギーとは関係ない皮膚トラブルの両方を合わせた診断です。アレルギー(タンパク質アレルゲン)と異なり検査方法がなく、明確に原因物質が特定不可能なため、現在の皮膚科では十分な診断・治療ができていないのが現状です。

低アレルギー療法食による皮膚トラブル

食物アレルギーに対応して新規(希少)たんぱく質を採用した療法食が数多く市販されていますが、このタイプによる皮膚病悪化が多く認められています。食物アレルギーではない症例に有害な低アレルギー食事療法が安易に併用されていることは、現在の皮膚科医療の隠れた問題点といえます。

手作り食による皮膚トラブル

手作り食は理にかなった食事管理の一つですが、十分な知識がなければ弊害もでやすく一般的にはおすすめできない食事療法です。特に「生肉」の使用や、アレルギー対策として食材数の制限は胃腸免疫バランスの悪化を引き起こします。対策としては手作り食とドッグフードを混ぜたり、胃腸免疫へ配慮した食材を取り入れた手作り食にするなど工夫が必要です。

低品質ドッグフードによる皮膚トラブル

一般的には低価格ドッグフードによる皮膚トラブルが多いのですが、高価格ドッグフードでもよくみられます。特に広告が多いグレインフリー・穀物不使用などを謳う製品は宣伝費用が上乗せされている分の品質低下があると考えれ、「失敗している食事療法」の一つがネット専売ドッグフードによるものです。低価格ドッグフードと、ネット販売高価格ドッグフードの両方に注意が必要です。

手作り食による皮膚トラブル

手作り食は理にかなった食事管理の一つですが、十分な知識がなければ弊害もでやすく一般的にはおすすめできない食事療法です。特に「生肉」の使用や、アレルギー対策として食材数の制限は胃腸免疫バランスの悪化を引き起こします。対策としては手作り食とドッグフードを混ぜたり、胃腸免疫へ配慮した食材を取り入れた手作り食にするなど工夫が必要です。

低品質ドッグフードによる皮膚トラブル

一般的には低価格ドッグフードによる皮膚トラブルが多いのですが、高価格ドッグフードでもよくみられます。特に広告が多いグレインフリー・穀物不使用などを謳う製品は宣伝費用が上乗せされている分の品質低下があると考えれ、「失敗している食事療法」の一つがネット専売ドッグフードによるものです。低価格ドッグフードと、ネット販売高価格ドッグフードの両方に注意が必要です。

内分泌疾患(ホルモンバランス異常)

内分泌疾患による皮膚病は、正常に備わっているホルモンの過剰・不足によって起きる皮膚トラブルで、一般的には甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)、性ホルモン異常が知られています。また原因・診断方法・治療方法が十分に分かっていないその他の脱毛疾患などもあり、現在の皮膚科医療では十分な対策がとれていない分野となっています。

検査結果の不正確さ

甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)は検査・治療法ともによく知られている疾患ですが、特徴的所見が少なく診過ごされてしまうことや、誤診につながる検査結果がでることも多く、当院でも「治りにくい皮膚病の原因の筆頭」に挙げています。性ホルモン異常に関してはそもそも血液検査での診断が難しく、症状に波があるためほとんど診過ごされているのが現状です。

教科書記載の弊害

その他の類似疾患として毛周期停止(アロペシアX)やパターン脱毛症などが挙げられますが、「美容上の問題」とされ治療対象外となっている病気もあります。しかしこれらの診断・治療を積極的にすることで明らかな治療成績の向上を認める症例も多く、皮膚コンディション悪化の要因になっていると推測されます。実際の診療現場では検査方法が確立されておらず、治療法も浸透していないため診療対象外として避けられやすい脱毛疾患ですが、治療成績向上のためには積極的な診断・治療が必要と考えています。

未知の内分泌ホルモン異常の存在

当院では長年の研究結果から「未知のホルモン異常の存在」の把握に成功し、今後学術発表する予定をしています。診断および治療はすでに8~90%の高い精度で提供することができており、治療成績の明らかな向上から皮膚病治療の新しい突破口になると考えています。

  • 未知の内分泌ホルモン異常の存在1
  • 未知の内分泌ホルモン異常の存在2
  • 未知の内分泌ホルモン異常の存在3
  • 未知の内分泌ホルモン異常の存在4

検査結果の不正確さ

甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)は検査・治療法ともによく知られている疾患ですが、特徴的所見が少なく診過ごされてしまうことや、誤診につながる検査結果がでることも多く、当院でも「治りにくい皮膚病の原因の筆頭」に挙げています。性ホルモン異常に関してはそもそも血液検査での診断が難しく、症状に波があるためほとんど診過ごされているのが現状です。

教科書記載の弊害

その他の類似疾患として毛周期停止(アロペシアX)やパターン脱毛症などが挙げられますが、「美容上の問題」とされ治療対象外となっている病気もあります。しかしこれらの診断・治療を積極的にすることで明らかな治療成績の向上を認める症例も多く、皮膚コンディション悪化の要因になっていると推測されます。実際の診療現場では検査方法が確立されておらず、治療法も浸透していないため診療対象外として避けられやすい脱毛疾患ですが、治療成績向上のためには積極的な診断・治療が必要と考えています。

教科書記載の弊害

その他の類似疾患として毛周期停止(アロペシアX)やパターン脱毛症などが挙げられますが、「美容上の問題」とされ治療対象外となっている病気もあります。しかしこれらの診断・治療を積極的にすることで明らかな治療成績の向上を認める症例も多く、皮膚コンディション悪化の要因になっていると推測されます。実際の診療現場では検査方法が確立されておらず、治療法も浸透していないため診療対象外として避けられやすい脱毛疾患ですが、治療成績向上のためには積極的な診断・治療が必要と考えています。

未知の内分泌ホルモン異常の存在

当院では長年の研究結果から「未知のホルモン異常の存在」の把握に成功し、今後学術発表する予定をしています。診断および治療はすでに8~90%の高い精度で提供することができており、治療成績の明らかな向上から皮膚病治療の新しい突破口になると考えています。

  • 未知の内分泌ホルモン異常の存在1
  • 未知の内分泌ホルモン異常の存在2
  • 未知の内分泌ホルモン異常の存在3
  • 未知の内分泌ホルモン異常の存在4

未知の内分泌ホルモン異常の存在

当院では長年の研究結果から「未知のホルモン異常の存在」の把握に成功し、今後学術発表する予定をしています。診断および治療はすでに8~90%の高い精度で提供することができており、治療成績の明らかな向上から皮膚病治療の新しい突破口になると考えています。

  • 未知の内分泌ホルモン異常の存在1
  • 未知の内分泌ホルモン異常の存在2
  • 未知の内分泌ホルモン異常の存在3
  • 未知の内分泌ホルモン異常の存在4

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop