院長ブログ

  • HOME
  • 院長ブログ

シーズーのアトピー・脂漏症・マラセチア性皮膚炎の最速治療法

2018.07.04

シーズーの「フケ」「脂っぽい」「ベタベタする」「皮膚が硬くなる」といった症状を特徴とするアトピー・アレルギー・脂漏症・マラセチア性皮膚炎の治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


梅雨~夏になり皮膚トラブルも増えてきています。

特にシーズー・フレンチブルドッグの犬種ではこの時期が一番皮膚病が悪化しやすいですね。

今日はそんなシーズーの典型的な皮膚病の症例報告です。

【症例】

 シーズー 12歳 男の子

【経過】

 〇5歳のころからずっと皮膚病

 〇季節性はなく、1年通して発症している

 〇ここ数年はステロイドを2日1回で服用を続けている

 〇アミノ酸系の食事療法継続中

それでは初診時の状態をみてみましょう。

まずは正面から。




続いて、頚部と毛を掻き分けた拡大です。







続いて、首の下(前胸部)です。




続いて、胸部~わきです。




続いて、腹部です。




続いて、背中全体です。




こういった症例には薬浴が非常に効果的で一瞬でよくなりますので、病変部確認を兼ねて全身をカットします。

初診時の全身カット後の状態をみてみましょう。

まずは頚部とその拡大です。







続いて、前胸部です。




続いて、右前肢の外側です。




続いて、右前腕とその拡大です。







続いて、右前肢の手首と肢端です。







続いて、胸部とその拡大です。






続いて、右後肢の外側と膝付近の拡大です。







続いて、右後肢の足首~甲の拡大です。







最後に背中を2枚です。







初診時から18日後の状態と比較してみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。
















































完全に毛が伸びて見えなくなる前にほぼ完全にキレイになったと思います。

初診時に薬浴をして1週間後の2回目診察時には痒み(掻く)が激減しており、「内股と手を舐める」が残っているだけでした。

この治療の流れで症状の改善に差が出る場合は「そのまま継続」よりも、1つ加療した方がいいです。

そこで、当院が開発した舐め癖用サプリメント「ヒーリングケアLFプラス」だけを追加処方したところ、3回目(2回目から11日後)の診察時には掻くどころか舐めるすらゼロになりました。

もちろん当院受診後のステロイドの服用はゼロです。



こういった症例には当院のスキンケア&サプリメントがかなり役に立ちます。

全身の毛をカットして、オイル&シャンプー&オイルジェルがあれば投薬治療の成功をサポートできます。

フケや脂漏が多いと「スキンケア」だけに注目されがちですが、このタイプの根本的なケアはサプリメントです。

ECプラスで免疫と脂漏をコントロールして、LFプラスで舐め癖を抑えなければいつまで経っても「こまめなシャンプー」から開放されません。

洗ったらきれいになるけど、痒いしぶり返す・・・という結果になってしまいます。

スキンケアで表面をよくしながら内側(体質)へのアプローチをすることで加速的によくなりますので、絶対にサプリメントを併用してください。

もちろん適切な診断・治療があってこそです。


当院で開発したスキンケア&サプリメントは以下のオンラインショップからお買い求めいただけます。





脂漏症のタイプでのお勧めはオイル・シャンプー・オイルジェル・ECプラス・LFプラスです。

局所の皮膚炎・湿疹であればローションでかなり簡単なケアもできます。









投稿者:四季の森どうぶつクリニック

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop