院長ブログ

  • HOME
  • 院長ブログ

チワワ・トイプードルに多い脂漏性皮膚炎の治療

2018.06.30

チワワ・トイプードルに多い「皮膚が脂っぽい」「フケがでる」など痒みを伴う脂漏性&アトピー性皮膚炎の治療に力を入れている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


梅雨も終わり夏の始まりですね。

気温・湿度の影響で皮膚トラブルも増える傾向があるため、シャンプーを含めたスキンケアには力を入れていかなけばいけません。

それでは今日の症例報告です。

【症例】

 トイプードル×チワワ 3歳半 女の子

【経過】

 〇8か月前から続く痒み

 〇冬での改善はなく、通年性(疑い)

 〇4か月漢方治療をしたものの、悪化を認める

 〇当院で3件目動物病院

 〇痒みは、頚をかく、前肢なめる、後肢(スネ~甲)の痒み


それでは初診時の状態をみてみましょう。

まずは全体。




続いて、頚部とその拡大。






続いて、右前肢です。







続いて、左前肢です。







続いて、胸部とわきの拡大です。






全体的に皮脂が多くべたついており、慢性的な皮膚炎により皮膚が硬く分厚くなっています。



初診から時に薬浴して3週間後の2回目の再診時のときとの比較をみてみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。











初診時の薬浴前に毛をカットした影響で被皮が少なくみえますが、

 ①皮脂がほとんどない(サラサラ&臭い無し)

 ②皮膚がやわらかくなっている

 ③皮膚炎がほとんどない

 ④色素沈着の減少

が認められています。

もちろん肝心の痒みもほとんど解消されました。



トイプードルとチワワには遺伝的に「アトピー」と「脂漏」が出やすい傾向があります。

こういった症例ではスキンケア&投薬治療をメインとして、再発防止(体質改善)のためにサプリメントという3つのアプローチが効果的です。


今回の皮膚科診療でのポイントとしては「治療効果の予測」かと思います。

病気に対するアプローチ方法にはさまざまな考え方があるため、治療に正解はないのですが「痒みを確実、かつ最短で抑える治療法」を提案できたことではないかと思います。

医療にはインフォームドコンセントという言葉があり、丁寧な説明をして治療プランのいいところ・悪いところの説明の上で飼主さまに同意・選択してもらうことがいいとされていて、飼主さまが治療法を選ぶことがいいような風潮がありますが、「こうしたら確実によくなりますよ」というベストを選択してもらうことも適切なインフォームドコンセントだと思います。

そのため「やりたいこと、やりたくないことなど拘りがあれば希望をききますが、『おまかせ』がベストです」と伝えることが多いです。

今回は過去の東洋医学とは正反対の西洋医学でのアプローチで、飼主さまの不安もあったかと思いますが、医療には「経験」が非常に重要なため「おまかせ」が一番いい選択肢だと思います。




投稿者:四季の森どうぶつクリニック

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop