院長ブログ

  • HOME
  • 院長ブログ

アポキルが効かない精神的な舐め癖皮膚病に有効なサプリメント

2018.03.13

手を舐める、足を舐める、掻き壊すなどストレスや精神的な要因から起きる心因性掻痒症の治療に力をいている皮膚科専門動物病院、四季の森どうぶつクリニックです。


アポキルが発売されて多くのわんちゃんの痒みが簡単に緩和できるようになったのですが、アポキルがほとんど効かない痒みがあります。

その筆頭が「心因性掻痒症」、手を舐める、足を舐める、腕をかむ、膝をかむ、背中を噛む、急に掻き壊す・・・といった症状です。

特異的な症状はなく、見た目でもアトピーやアレルギーなどに見えてしまい埋もれて見逃されているケースも多々あります。

多々というより「アポキル服用して残る痒みは仕方ない」という流れができつつあるほどです。

当院では痒みではなく、「痒み動作」としてとらえて原因追及&改善を徹底しています。

それは例え一般的な治療である程度緩和できて1年維持しても、2年維持していても残る症状があれば攻め直します。

今日はそんな「一定の改善をみとめて長期間コントロールしているが、再度攻めの治療で功を奏した症例」です。

【症例】

 チャイニーズクレステッドドッグ

【経過】

 〇当院への初診は4年半前

 〇アトピーと心因性と診断し、シクロスポリン&心因性治療(内服1種、サプリメント1種)で一定の改善をえる

 〇アポキルが発売されてシクロスポリンからアポキルへ変更

 〇家族構成に変化があり、アトピーの再燃はないが、心因性の再燃を認める
  ※なお心因性治療(内服1種、サプリメント1種)の変更はしていない


まずは4年半前の初診時の状態を紹介します。

















































今みても「アトピー&心因性」という症例です。

部分的に感染症もありますが、この子にとって感染症はわずかなものでほぼぶり返しはありません。



それではここ半年ほどぶり返していた状態をみてみましょう。














この腕にできる潰瘍はなめすぎによるもので、完全な心因性です。

アポキルを毎日服用しても全く改善できません。


この4年半の中で大きな治療方針の変更はシクロスポリンをアポキルに変えたのみで、心因性のぶり返しはほとんど気にならなかったため、心因性に対する内服1種&心因性サプリメントの変更はしたことがありませんでした。

久しぶりの再燃に関しても一過性のものかと思っていたので様子をみていたのですが、一向に改善がみとめられないため、再び病気に攻めてみることにしました。

そう、心因性といえば当院が開発したヒーリングケアLFプラスです。

※このわんちゃんが初診で来院された4年半前にはヒーリングケアLFプラスはなかったので、別のものを採用していました。

市販の心因性サプリメントから、当院のヒーリングケアLFプラスに変更してから約3ヵ月後の状態とひかくしてみましょう。

※写真をクリックすると大きくすることができます。












切り替えてからすぐに舐め癖は消失し、それから1度も再発はなく、ついでにアポキルまで減らすことに成功できました。

今ではアポキルは3日に1回までへってますが、それでも痒みがほとんどありません。

この先は春の花粉症がでやすいため、「例え痒みがなくともこの季節に3日に1回以下まで減らす必要はないと思いますので、しばらくキープです」としているほどの改善です。

当院のヒーリングケアLFプラスは精神的な癖、心因性だけではなく、アトピーなどの免疫異常に対しても非常に有効な改善が期待できます。

アポキルの使用量を減らすことができたのはこのヒーリングケアのおかげだと思います。

当院ではお薬の足し算ばかりをするのではなく、常にそのときの状態にあわせた最良の組み合わせをつくり、優先順位をつけて投薬量が増えすぎないように工夫しています。

薬の生理整頓は非常に重要ですね。


当院で開発したヒーリングケアLFプラスは専用のオンラインショップでお買い求めいただけます。

舐め癖、掻き壊しなどストレスや精神的な要因でおきる心因性の痒みに対して非常に相性がいいです。

適切な診断の元でご利用いただければ幸いです。


投稿者:四季の森どうぶつクリニック

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop