女医麻衣子の時間外ブログ

  • HOME
  • 女医麻衣子の時間外ブログ

礼節

2014.04.19

みなさま、こんにちは。
女医麻衣子の時間外ブログへようこそ。

本日は、時々顔を現す、お堅いお局麻衣子にお付き合いくださいませ。
それでは、始まり始まり~。

さて、突然ですが、
「礼節をわきまえる」
この言葉はみなさまご存知でしょうか。
読んで字のごとく、礼儀と節度をわきまえること、つまり、礼儀を忘れず、謙虚に、相手に敬意を持って行動する、といった感じでしょうか。
この精神は日本人が古来大切にしてきた文化のひとつだと思います。



「衣食足りて礼節を知る」という故事成語もありますが、最近、つくづく感じることは、日本は豊かになりすぎたせいか、「衣食足りても礼節を知らず・・・」になってきてしまっているのではないか、ということです。
「衣食足りて礼節を知る」つまり、本来、生活にゆとりができれば道徳意識はおのずと高まる’はず’なのです。
しかし、衣食が足りていることが、当たり前の時代になってしまい、感謝を忘れ、いつしか、礼節という日本人の誇るべき文化が失われてきてしまっているような気がします。

戦後の時代は私は生きていないので、実際、どのような状況だったのか、そしてその当時の人々が日本人としてどんな精神で生きていたのか、正直分かりませんが、少なくとも、現代よりは、「衣食」が満たされてなかった時代であっても、日本人としての礼節は現代よりも、重んじられていた時代だったのだと思います。

物が満たされても、心が貧しくてはいけません。

相手の立場に立ち、考え、そして、感謝し、どんな状況でも、どんな相手に対しても人としての礼儀を忘れない・・・自分で書いていても、不甲斐なさを感じるくらい、自分もまだまだ人として非常に未熟です。
人間、誰しも完璧ではありませんが、少なくとも、礼節だけは失わないように努力していきたいものです。
礼節を失ったら、きっと残るのは自分勝手自分本位の傲慢さと、その精神を象徴する傲慢な醜い風貌しかないと思っています。

人は、その人の生き様や根底にある精神が顔や表情、態度に現れるものです。
長年に渡って繰り返されてきた表情や態度は、繰り返されることによって、いつしかそれが、「その人の特徴」となって体に刻まれていってしまうのです。
人は見た目で判断するな、とは言いますが、歳をとるにつれて、残念ながら、その人の生き様が見た目に現れてくるものなのです。

世の中、いわゆる「モンスターペアレント」「モンスターペイシェント」「モンスタークレーマー」「モンスター新入社員」などなど、モンスターが続々と増殖しているようですが、きっとこれは、日本人が礼節をわきまえなくなった結果だと思います。
サービスを提供する側も、サービスを提供される側も、お互いの礼節をわきまえ、互いを理解しあってこそ、さらに優良なサービスを提供・享受できるものと考えます。

礼節を忘れてしまったら・・・きっと自覚症状もなく、モンスターに自分が蝕まれて、ついには本当のモンスターになってしまうことでしょう。
おそらく、誰しも、モンスターの種は持っていると思います。
それをいかに発芽させないか、成長させないかは、毎日、自分を振り返り、礼節をわきまえていなかった言動がなかったか、反省し、自分の中に芽生えかけてしまったモンスターの芽を、自分で摘み取ることが大切なんだと思います。
何事も、早期発見早期治療が肝心です。

さて・・、今日も、胸に手を当てて1日を振り返り、早期治療をして眠ることにします・・・。

それでは、また、時間外にお会いしましょう。
お休みなさい・・・。

まいこ
 

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop