女医麻衣子の時間外ブログ

  • HOME
  • 女医麻衣子の時間外ブログ

危機管理能力

2014.03.10

みなさま、こんにちは。
女医麻衣子の時間外ブログへようこそ。


室内の日当たりが良いところでは、ぽかぽか陽気で春の気配を感じますが、なんと、外では雪がちらつきましたね~。
冬から春への移行期によくある、不安定な天候ですね。
季節の変わり目は、体調を壊しやすいので、気を付けてくださいね。
そう言えば、うちの院長も珍しく風邪ぎみ・・・。
「鬼の霍乱」ってやつです・・・(苦笑)


さてさて、最近、少し、私ながらに疑問に思ってることがあるんです。
それは、「パラリンピック」の放送について。
なぜ、こんなに放送されないのでしょう・・・。

視聴率が稼げないから?
盛り上がりに欠けるから?
障がいを背負っている方への偏見があるから?
障がい者スポーツに対して賛否両論あるから?

いかなる理由であっても、私はどれも納得できません。
障がいを背負って、それでもなお、人間の能力の限界に挑戦し、戦っている姿を見て、どう捉え、どう感じ、どう考えるかは、人それぞれの自由です。
それを、そもそも放送しない、というのは、いかがなものかと思います。
今回のパラリンピックで見事、金メダルを獲得した狩野亮選手の写真です。


私は、本当にすばらしい姿だと思います。
自分の考えを強要しようとは思いません。
でも、どんな環境にいる人でも、どんな状況におかれている人でも、こういう姿を見て考える、ということは必要だと思います。
私は、五体満足に生まれ、幸運にも、大きな病気もケガもなく、無事に生きてくることができました。
でも、そもそもそのありがたさを感じることも、感謝することもなく、当たり前だと無意識に思ってしまっていました。
そのため、ついつい、自分にできないことを、他人のせいにしてみたり、環境のせいにしてみたりして、自分の努力不足を他に責任転嫁する傾向にありました。
その自分の甘さを、このパラリンピックが再認識させてくれたと思っているのです。
障がいの程度の差や、先天的か後天的か、などの差はあれど、自分に限界を作らず、新い目標を見つけて、努力し、戦っている姿は、本当に見習わなければなりません。
とあるCMで障がい者の方のセリフでこんなセリフがありました。

「できないことを嘆くより、できることを楽しもう。」

素晴らしい、発想の転換、後ろ向き思考から前向き思考への転換だと、非常に心打たれました。
何を言っても、結局、障がいを持っていない人間の理想論だと思われるかもしれませんが、自分も、いつ、なんどき、どんな事故や病気に見舞われ、自分の想定していた人生がガラッと変わってしまうかもしれません。
そうなってから、考えていては、遅いと思うのです。
「もし、自分の想定していなかった状況になってしまったら、自分はどうしたいのか、どうするのか、どうすべきなのか。」
私はこれも一種の危機管理だと考えています。

そのことを、常日頃から考えて、覚悟し、受け入れる準備ができているかいないかで、結果はだいぶ変わってくると思っています。
自分も、もし、なんらかの原因で障がいを背負うことになった時には、果敢に限界にチャレンジしている選手の姿を思い出し、人生の新たな目標を掲げて生きていきたいと思います。
どんな状況に置かれても、今を受け入れ、前向きに生きようとするか、後ろ向きに生きようとするか、そしてそれが、どちらが正しくて、どちらが間違っているかは、周りが決めることではありません。
本人が結果として、自分にできる精一杯の生き方をしたと、後悔のない生き方ができれば、それが、正解なんだと思います。
自分の最期に「わが人生に悔いなし」と思える人生を送れるように、日々、謙虚に、また、感謝しつつ、そして、努力を惜しまないようにしていきたいと思います。

う~ん。
私の個人的な考えばかりの独り言的なブログでした・・・。
長文、すみません。。。

それでは、また、時間外にお会いしましょう。
まいこ

投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop