女医麻衣子の時間外ブログ

  • HOME
  • 女医麻衣子の時間外ブログ

イカの思い出~最後の晩餐?~

2014.02.26

みなさま、こんにちは。
女医麻衣子の時間外ブログへようこそ。

ようやく日に日に温かさを感じ、春が近いんだなぁと実感するようになりましたね。
「スキーばか」の私たち2人としては、もう冬が終わってしまうんだなぁ・・・とさみしく感じていますが。。。
さらに、ソチ五輪も終わり、「あまロス」ならぬ、ちょっとした「五輪ロス」です(´・ω・`)しょぼーん。

さて、巷ではまた「だいおういか」が捕獲されたそうですね。


ちょっとした「イカ」ブームですね(笑)

イカと言えば、実は私、アレルギーなんです。
もともとは、アレルギーなんて無かったんですけどね。
数年前、勤務医時代にほぼ、お休みも無く、ハードワークだった頃のお話。
もともと、イカやエビが好物だったので、お家でイカをさばいて、イカのワタ焼(イカの内臓と味噌やネギをあえて、イカの身を焼いたもの)を作って食べた後、ノドがイガイガし始め、夜中には息苦しくなってしまいました。
でも、なんとか時間とともに落ち着き、その時は、原因が何か分からなかったんです。
(それまでイカでアレルギーなんてならなかったので)
数日後、今度はエビのグラタンで顔がボコボコに腫れてしまいました・・・。
その後、しばらくは、発症しなかったので、「たまたま、合わなかったのかなぁ・・・。」程度に考えてました。
ところが、さらにその数カ月後、さらにハードな職場環境になり、鮮魚を出してくれるお店でお酒を飲みながら、ホタルイカの沖漬けを食べたところ・・・急激な顔面腫脹と全身の蕁麻疹、さらに激しい腹痛に加え吐血と下血・・・。
トイレで意識が朦朧としながらも、「トイレで倒れたくな~い!」と思い、這いつくばって、トイレから出て、連れの人に、「アナフィラキシーみたい・・・。救急車お願い・・・。」と伝えて、救急搬送されることに・・・。
幸い、救急病院が近くだったので、すぐに治療してもらえたのですが、アナフィラキシーショックの影響から、血圧が下がり、血管が出なかったみたいで、看護師さんが「先生!血管が!血管が出ません!!」て焦って言ってるのが、薄れゆく意識の中で聞こえました。
アナフィラキシーショックの際は、血管確保は大切ですからね・・・。
でも、意識がほぼ無い中でも、先生や看護師さんの会話は、聞こえるんですよね~。
頭の中は案外、冷静に考えてる。
「静脈注射が無理なら、筋肉注射でもいいから、注射うってくれないかなぁ・・・。あ~ぁ、このまま、助かんないのかなぁ・・・。それにしても、死因が、イカってどうよ・・・。こんなことなら、もっと高級な、めったに食べれないもの食べておくんだったなぁ・・・。」と意識の無い中で、考えたことを覚えています(笑)
そして、意識が戻った時には、点滴といろんなラインがつながれ、ベッドサイドから覗き込む家族の顔。
「良かった~。」と同時に笑われました・・・そりゃ、そうだよね。
だって、「イカ」で死にかけるなんてねぇ・・・。
そして、数時間後にはショック状態から脱したので、無事、帰宅できることに。
翌日まで顔の腫れと全身の蕁麻疹は一部残りましたが、そのまま、出勤して、何事も無かったかのように、フル勤務できました。
強運というか、頑丈というか・・・。
その時から、生のイカ・エビ、それに似た類のものは、怖くて口にできません(^^;)
加熱してあるものなら、疲れやストレスがたまってない時は、アレルギーも出ず、食べれるようになりましたけどね。
何せ、名古屋人なので、一生エビ抜きはキツイ・・・。


ちなみに、エビフライは尻尾までおいしく頂きますよ~。
私にエビフライ出したら、食べ終わったお皿には、な~んにも残りません(^^)v
エビの尻尾はエビのボディーの中でも、一番、エビの味が濃厚でおいしい!と思うんだけどなぁ・・・。
なかなか賛同者がいないけど。
あ゛~。エビフライが食べたくなってきたー。

みなさまも、今まで大丈夫だった食べ物でも突然、アレルギーが出ることがあるので、気をつけてくださいね。
特に、体調がすぐれなかったり、疲れやストレスがたまっている時は要注意です。

それでは、また、時間外にお会いしましょう。

まいこ

※アナフィラキシーショックとは:
急性、全身性(皮膚・粘膜・消化器・呼吸器・循環器)にでる、重篤なアレルギー反応。
このアナフィラキシーショックによって、血圧低下や意識障害を起こし、場合によっては命に関わる。
年間約70人前後の方が、アナフィラキシーショックによって命を落としているそう。


投稿者:四季の森どうぶつクリニック

最新記事

SEARCH

カテゴリ分類

Contact完全予約制・ご相談はお気軽に

Contact当院は犬の皮膚病だけに特化した
動物病院です。

  • 0562-85-2215 tel
  • 0562-85-2215 tel
  • サテライト
  • サテライト
  • 全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop全国発送対応クリニック開発スキンケア&サプリメント shop
pagetop